テレフォンセックスにおける言葉責めは飴とムチを使い分ける

テレフォンセックスにおいて言葉責めをやることはプレイに変化を与えるためにも必要なことです。上手い具合にできるようになると、万寝るかしないためにも多少工夫をしていく必要が出てくるでしょう。いつも同じ口調で言葉責めをやっていたとしてもすぐに飽きられてしまいますので、口調を強めたり弱めたりするなどして緩急をつけたプレイを心掛けることです。

■最初のうちは優しさを出して行こう
テレフォンセックスの最初は女性の警戒心を解く必要があります。いきなり言葉責めをしたとしても女性は受けるための準備ができていないために、抵抗を感じてしまいます。そうであれば、ゆっくりと優しくささやきかけながらエロトークをすればいいでしょう。

最初は優しさを出しながらやっていく方がうまく行きやすいです。

■途中からは厳しさも出していこう
本題に入っていけばこちらのペースに持っていくようにし、だんだん男性としての強引さを出していきましょう。女性を興奮させることができれば強引なセリフで語りかけることです。相手の反応が良ければどんどん強引に持って行ってもいいです。

■緩急を付けながら接していく
Sの男性からすると、Mの女性をずっと言葉で責めていきたいという風に思いがちですが、それだけではだめで必要な時は優しい言葉をかけることも大切です。こういう風に緩急を付けながら飴とムチを意識して女性と接してみるといいのではないでしょうか。

■飴とムチを使い分けることが大切
言葉責めをやる場合には飴とムチを使い分けることが大切です。ずっとムチだけを与えていればいいという風に思いがちですが、愛されているということを実感させるためにも、時には優しさという飴を与えることも必要になります。